PR

ライフ ライフ

中部横断道2区間が3月10日開通 甲府-静岡2時間に

Messenger

 国土交通省などは5日、山梨、静岡両県を結ぶ中部横断自動車道のうち、建設中の六郷インターチェンジ(IC)-下部温泉早川IC間(8・4キロ)と富沢IC-新清水ジャンクション(JCT)間(20・7キロ)の2区間が、3月10日午後4時半に開通すると発表した。

 このうち、六郷-下部温泉早川間は、県が費用の一部を負担する「新直轄方式」で初の開通。料金無料となる。

 2区間の開通で、中部横断道の双葉JCT-新清水JCT間(74・3キロ)のうち、7割にあたる54・4キロが結ばれる。甲府-静岡間の所要時間は約30分短縮され約2時間になる予定だ。

 トンネル工事の難航で開通が遅れている残り2区間のうち、南部IC-富沢IC間(6・7キロ)は今年夏ごろ、下部温泉早川-南部IC間(13・2キロ)は平成31年度中に開通の見込みだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ