PR

ライフ ライフ

藤井七段、杉本七段の大一番、お昼は「バターライス」「そば」

Messenger
師弟同時昇級がかかる注目の大一番、順位戦C級1組対局に臨む藤井聡太七段=5日、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影)
師弟同時昇級がかかる注目の大一番、順位戦C級1組対局に臨む藤井聡太七段=5日、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影)

 師弟同時昇級が懸かる、将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)と師匠の杉本昌隆七段(50)の順位戦C級1組の対局が5日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われている。

 師弟はここまで8勝0敗で全勝中で、2人がこの日勝てば、上位クラスのB級2組へ同時に昇級が決まる。師弟が同時に昇級すれば、昭和61年度以来、2例目の快挙となる。

 藤井七段は近藤誠也五段(22)と、杉本七段は船江恒平六段(31)と対戦。相手はいずれも7勝1敗だ。

 藤井七段と近藤五段の対局は、早々と互いに角を交換し、攻守のバランスに優れた「角換わり腰掛け銀」の戦型となった。攻め合いの展開となりそうだ。一方、杉本七段と船江六段の対局はゆっくりとした進行で、午前中は駒がぶつかり合うに至らなかった。

 正午に昼食休憩に入った。藤井七段、近藤五段はともに関西将棋会館1階の洋食店「レストランイレブン」から注文。藤井七段は何度も注文しているお気に入りの「バターライス」(900円)。バターが香ばしく、スープ、サラダも付いている。近藤五段は「一口ヘレカツ(サービスランチ)」(900円)で、みそ汁も付いている。

 一方、杉本七段、船江六段もともに同会館近くの「やまがそば福島店」から注文。杉本七段は「温そば弁当」(830円)で、ご飯やエビ天、卵焼きなどが入ったお膳と、そばのお膳に分かれたボリュームのあるメニューだ。船江六段は「なべ焼うどん」(780円)だった。

 対局再開は午後0時40分。持ち時間は各6時間で、終局は深夜になる見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ