PR

ライフ ライフ

藤井七段と杉本七段、同時昇級なるか 師弟順位戦始まる

Messenger
師弟同時昇級がかかる注目の大一番、順位戦C級1組対局に臨む藤井聡太七段=5日、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影)
師弟同時昇級がかかる注目の大一番、順位戦C級1組対局に臨む藤井聡太七段=5日、大阪市福島区の関西将棋会館(前川純一郎撮影)

 師弟同時昇級がかかる、将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)と杉本昌隆七段(50)の順位戦C級1組の対局が5日、大阪市福島区の関西将棋会館で始まった。ここまで8勝0敗で全勝中の師弟がこの日勝てば、上位クラスのB級2組へ昇級が決まる。師弟が同時に昇級すれば、昭和61年度以来、2例目の快挙となる。

 また、藤井七段はデビュー以来、順位戦では18連勝中で、中原誠十六世名人(71)の歴代1位の記録に並んでおり、この対局に勝てば、19連勝となり単独1位の記録を樹立する。

 対戦相手は、藤井七段が近藤誠也五段(22)と、杉本七段が船江恒平六段(31)。いずれも7勝1敗と好成績を挙げている。

 注目の大一番とあって、この日は朝から50人近い報道陣が詰めかけた。

 対局はそれぞれ別室で、午前10時に開始。藤井七段はいつものようにお茶を一服し、飛車先の歩を突いた。一方、杉本七段は和服姿で登場。今日の勝負への意気込みを感じさせた。

 順位戦は名人戦の予選にあたり、最上位のA級▽B級1組▽B級2組▽C級1組▽C級2組-の5クラスに分かれ、1年を通し、クラスごとにリーグ戦を行う。成績によってクラス間で昇級・降級する。A級の優勝者が佐藤天彦(あまひこ)名人(31)に挑戦する仕組みだ。持ち時間は各6時間で、終局は深夜の見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ