PR

ライフ ライフ

大坂なおみやチコちゃん さっぽろ雪まつり開幕

Messenger
「さっぽろ雪まつり」に登場した、テニスの大坂なおみ選手の雪像の前で写真を撮る人=4日午前、札幌・大通公園(杉浦美香撮影)
「さっぽろ雪まつり」に登場した、テニスの大坂なおみ選手の雪像の前で写真を撮る人=4日午前、札幌・大通公園(杉浦美香撮影)

 北海道の冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」が4日、メイン会場の大通公園(札幌市中央区)などで開幕した。今年で70回目。市内3会場に人気キャラクターや映画、歴史的建造物など約190の雪像や氷像が並んだ。

 陸上自衛隊が手掛けたフィンランドのヘルシンキ大聖堂、バーチャルシンガー「初音ミク」、スマートフォン向けゲームのキャラクターや、昨年9月の北海道地震からの復興を願い、被害が大きかった胆振地方などで生産されるサラブレッドをかたどった大雪像など迫力満点だ。

 市民雪像には、全豪オープン女子シングルスを制覇したテニスの大坂なおみ選手や、NHKのバラエティー番組「チコちゃんに叱られる!」のチコちゃんもお目見え。観光客がスマートフォンで熱心に写真を撮影していた。

 福岡市から友人と訪れた主婦、坂井夏美さん(26)は「雪まつりは初めて。世界一になった大坂選手もとてもリアルで驚いた」。フランス南部ニースから来た大学生、テオ・ピストレジさん(21)は「スキーをしに北海道に来た。大雪像の迫力には圧倒された」と楽しんでいた。

 夜にはライトアップやプロジェクションマッピングが行われる。11日まで。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ