PR

ライフ ライフ

大天狗が鬼を追い払う 古峯神社の節分祭 栃木・鹿沼

Messenger
節分祭で豆や菓子をまく参列者=3日、栃木県鹿沼市草久の古峯神社(根本和哉撮影)
節分祭で豆や菓子をまく参列者=3日、栃木県鹿沼市草久の古峯神社(根本和哉撮影)

 節分の3日、栃木県鹿沼市草久(くさぎゅう)の古峯神社で節分祭追儺(ついな)式が行われ、年男や年女をはじめとした約300人の参列者が勢いよく豆をまいて福を願った。

 豆まきの前には本殿で祈祷(きとう)が行い、参列者の邪気を払った。同神社の祭神の使いとされている大天狗(てんぐ)が登場、「鬼は外、福は内」と叫びながら2メートルを超す巨大な「福うちわ」をあおぎ、姿を現した赤鬼と青鬼を追い払った。大天狗のコミカルな動きに本殿は笑顔に包まれた。

 その後、参列者は境内に設けられた舞台へ移動。待ち受ける人々へ向けて勢いよく豆や菓子をまき、一年の幸福を願った。

 20年以上、式に参列しているという茨城県常陸太田市の自営業、佐川芳彦さん(56)は「今年は人が多く、活気があってよかった。みんなで福を分かち合えればと思って豆をまいた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ