PR

ライフ ライフ

【近ごろ都に流行るもの】「高卒で働く」(下)学歴の壁低く「自由な就活」で広がる可能性

Messenger
高校生就活イベントで、思いや不安を書き出す生徒を見守る永田謙介さん(中央)=東京都千代田区
高校生就活イベントで、思いや不安を書き出す生徒を見守る永田謙介さん(中央)=東京都千代田区

 人手不足を背景にした高卒求人の急増と就職者の活躍を伝えた「高卒で働く(上)」に、多様な意見が寄せられた。「教育費から解放されて少子化対策にもなりそう」といった声の一方、「高校生は就活情報や企業の分析力に乏しく、雇用のミスマッチにつながっている」との指摘も。厚生労働省によると、平成27年の高卒就職者の4割が3年以内に辞めているという。そんななか、「高校生にも自由な就活を」と、元高校教諭が立ち上がった。(重松明子)

 「IT時代になっても、戦後一貫して変わらない就活制度に縛られている。生徒の選択肢が少ないことが問題で、自分で選んだ就職先という実感が持てなければ、少々のことで簡単に辞めてしまうでしょう」

 就活支援事業「ニューゲート」を展開する「スパーク」(東京都渋谷区)の永田謙介社長(36)は昨年末、都内で開かれたイベントで、高校生らにこう呼びかけた。

 高校生の就活には規制が多い。活動期間は実質数カ月間。学校を通じて受験できるのは、1人1社だけだ。永田さんは「『こんな人になりたい』という職業のロールモデルをたくさん見て、自分の興味と適正を早く知ることが大切です」と強調した。

 ニューゲートでは今月末から、ウエブサイトで高校生向けの就活情報の提供を開始する。企業情報を見た生徒が「気になる」ボタンを押すと、同社が高校と企業の間に入り、マッチングを支援する仕組みだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ