PR

ライフ ライフ

名古屋城、解体申請先行へ 河村氏、復元と分離

Messenger

 名古屋城天守閣の木造復元事業を巡り、名古屋市の河村たかし市長は1日、現在の天守閣を解体するための許可申請を先行して文化庁に行う考えを示した。当初は解体と復元を一体で申請する計画だった。事業は石垣の保全方法が決まらず停滞しており、分離することで前進を目指す。

 河村氏は1日、同庁を訪問し、市の方針を説明し協力を求めた。河村氏によると、同庁は石垣に影響しない工法であれば、市の計画を検討するとしたという。

 市によると、名古屋城は国の特別史跡のため、復元事業は例年5月と10月に開催される審議会を経て、同庁の許可を得なければならない。その前に同庁の委員会での審議も必要だが、解体は対象になっていないため、先に許可を得られる可能性があるという。

 河村氏は記者団に「現在の天守閣は耐震性が低く、安全上の問題がある。石垣調査のためにも解体した方が良い」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ