PR

ライフ ライフ

インフル猛威、今後はB型増加 流行要因不明

Messenger

 全国のインフルエンザ患者数(1医療機関当たり)が1日、集計の始まった平成11年以来、過去最多となったことが明らかになった。検出されたウイルスは現在、A型が多くなっているが、例年2月頃からはB型の患者が増え始める傾向がある。1人が複数回罹患(りかん)するケースもあり、引き続き警戒が必要だ。

 インフルの患者数は例年、1月下旬~2月上旬にピークを迎える。前半はA型、後半はB型の報告数が増える傾向に。厚生労働省によると、直近5週間の検出ウイルスは、平成21年に新型として流行したA型が50%、A香港型が49%と拮抗(きっこう)する形で、2種類のA型が同時に流行している。

 今後流行が予想されるB型は高熱が出ないこともあるなど、「ただの風邪」と勘違いして対応が遅れることも懸念される。症状は軽くても感染力は強く、抗体は別なのでA型に一度かかった人が感染する可能性もある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ