PR

ライフ ライフ

【正木利和の審美眼を磨く】書を芸術にまで引き上げた名筆

Messenger
祭姪文稿(さいてつぶんこう)部分 顔真卿(がんしんけい)筆 唐時代・乾元元年(758) 台北 國立故宮博物院蔵
祭姪文稿(さいてつぶんこう)部分 顔真卿(がんしんけい)筆 唐時代・乾元元年(758) 台北 國立故宮博物院蔵

 日本画家、村上華岳や、あの北大路魯山人の名品をもつ何必館・京都現代美術館の梶川芳友館長に出会ってしばらくのころのこと。

 魯山人の書を見ていたときに、梶川さんがこんな言葉をもらした。

 「絵は読むもの、書は見るものです」

 まったく同感だった。

 絵をじっと見つめていると、さまざまな疑問が浮かんでくる。

 たとえば、なぜ、ここに窓があるのかとか、なぜ、ここにびんを置いたのかとか、壁の絵は、何を語りかけているのか、とか…。

 いわば、知らぬ間に絵の中に描かれたものの意味をさぐっているのである。

 読むもの、というのは、そういうことだ。

 それにひきかえ、書の美になぜはない。

 書は、線と点からなる。文字は、その組み合わせでできあがっている。その文字を連ねて文章にし、書き手は送り手に自分の意思を伝える。

 書はもともとそうしたツールだった。

 漢字は、古代の篆書(てんしょ)からはじまり、隷書(れいしょ)、草書とかたちを変え、行書、楷書(かいしょ)という道をたどる。当初は獣の骨や石に刻みつけられていたものが、竹を削ったものや紙に墨書されるようになって隷書、草書が生まれ、さらに形が整えられて行書、楷書が登場すると、そこに美意識が育まれてくる。

 そうして、時代のなかに能書家といわれる書き手が登場してくるのである。たとえば、東晋時代の王羲之(303~361年)はその代表的な人物だ。彼は後世、「書聖」と評されることになる。

 このスーパースターによって「書の美」は確立され、彼の字は美の基準となってゆくのである。

□    □

 王羲之は生前からスーパースターだった。それは、彼の書いた文字が、当時から高値で取引されていたという逸話がのこっていることからもわかるにちがいない。行書の名品として名高い「蘭亭序」をはじめ王羲之の書は、まさに中国書道界の教則となってゆく。

 唐代に入り、自分も能書家だった太宗は、国中から王羲之の真筆をかき集めた。そうして、欧陽詢(おうようじゅん)や虞世南(ぐせいなん)ら書のうまい家臣にコピーをつくらせる。真筆は太宗の死とともに葬られたが、そうしたコピーは残り、後世に引き継がれていった。

 7世紀に活躍した欧陽、虞と●遂良(ちょすいりょう)を唐代の三大家と呼ぶが、8世紀に入り革新をもたらす書家が登場する。顔真卿(がんしんけい=709~785年)である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ