PR

ライフ ライフ

男性入所者に暴行 傷害容疑で老人ホーム元施設長を逮捕 神奈川県警

Messenger

 老人ホームの男性入所者に暴行してけがを負わせたとして、神奈川県警大和署は31日、傷害容疑で、この施設の元施設長、真壁龍雄容疑者(54)=同県座間市入谷=を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は1月17日午後6時5分ごろから約20分間にわたり、同県綾瀬市寺尾台の老人ホーム「リビングケア唯の郷 綾瀬寺尾台東」内で、入所者の無職、馬淵英一さん(69)に対して腹を殴るなどの暴行を加え、下腹部に皮下出血を負わせたとしている。

 同署によると、馬淵さんは9日後の26日、個室トイレ内で意識不明のまま倒れているのが発見され、病院に搬送後、死亡が確認された。皮下出血があったことから病院が同署に連絡。施設内の防犯カメラの映像や目撃者の証言から真壁容疑者の犯行が浮上した。

 真壁容疑者は取り調べに対して、馬淵さんに職員の指示に従うよう申し入れたが聞き入れられなかったため、暴行に及んだと供述している。同署は事件と死亡の因果関係を慎重に調べている。施設の運営会社「リビングケア」は30日付で真壁容疑者を懲戒解雇処分にしたと明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ