PR

ライフ ライフ

新東名・東北道で「国内最速」120キロ試行 3月から警察庁

Messenger

 警察庁は30日、新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)-森掛川(もりかけがわ)IC(静岡県、約50キロ)間と、東北自動車道の花巻南IC-盛岡南IC(岩手県、約27キロ)間の上下線で、3月1日から最高速度を試験的に時速120キロへ引き上げると明らかにした。120キロへの引き上げは国内で初めてで、試行期間は少なくとも1年間を予定している。2区間で平成29年から1年間試行した110キロで安全レベルを確認できたと判断した。

 最高速度の段階的な引き上げは、有識者らの研究委員会による28年3月の提言を受けた措置。引き上げは乗用車やバイクなどが対象で、大型貨物車やトレーラーなどは80キロ規制のまま据え置かれる。2区間の死傷事故や走行速度など交通実態の変化を分析し、安全性を確認できれば他路線・区間への拡大を検討する。

 安全性確認後に120キロの検討対象になるのは、カーブや勾配が緩やかで見通しがよいなどの条件が整った「高規格」の高速道路で、2区間を含め北海道から九州まで13路線19区間(計約837キロ)ある。高規格高速道路は構造上、120キロでも安全で快適な走行が可能とされる。

 警察庁がまとめた、交通量が少ない状況(自由流時)での2区間の110キロ試行結果によると、追い越し車線の平均速度は、試行前と比べ大きな変化はなかった。新東名では120キロ台前半で、上り線で1・5キロ、下り線で0・3キロ上昇するにとどまった。一方、東北道では上下線ともに低下し、110キロ台前半だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ