PR

ライフ ライフ

【就活リサーチ】学生が出会ったリクルーター

Messenger

 就職活動をしていくと突然、企業から「就活について、一度会って話をしませんか」と連絡が来ることがあります。

 これがいわゆるリクルーター面談、略して「リク面」のお誘いです。

 リクルーターとは、企業の人事部などの採用関係部署には属していない若手を中心とした採用担当の社員をいいます。リクルーターの権限や役割などは会社によって異なり、会社以外の場所で学生と面談を行います。選考を伴うものもあれば、選考とは関係ないものがあり、企業によって採用過程での位置づけはさまざまです。

 すべての学生が必ずリクルーターと出会うとは限りません。平成31年卒業予定の学生モニターに調査したところ、約3割がリクルーターとの接点があったといいます。リク面の接触人数は2~5人がもっとも多く、中には20人以上と会ったという学生もいました。多くのリクルーターと会っているといろいろなタイプの人がいるようです。

 印象が良かったリクルーターを挙げてもらいました。「自分の話を親身に聞いてくれた。質問に対しても嘘偽りなく率直に答えていただいた」「面接前に頑張ってねと言ってくれたり、本当に一緒に働きたいという思いを伝えてくれたりした」と自分の就活に寄り添い、応援してくれた人は特に印象が良かったようです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ