PR

ライフ ライフ

【父の教え】俳優・竹内力さん ダメもとでなんでも挑戦する

Messenger
「おやじは大工、おれは映画で、ものづくりを仕事にしているのは一緒」と話す竹内力さん=東京都渋谷区(宮川浩和撮影)
「おやじは大工、おれは映画で、ものづくりを仕事にしているのは一緒」と話す竹内力さん=東京都渋谷区(宮川浩和撮影)

 映画やVシネマの「難波金融伝 ミナミの帝王」などのヒットシリーズで知られる俳優、竹内力さん(55)。子供時代、勉強嫌いで成績はふるわなかったが、父、守人さんから「勉強しろ」と強制されたことはなかった。

 「習字とそろばんだけは行っとけと言われたけど、それ以外で何かをしろと言われたことがない。おやじはものすごい優しい人。よく叱られて、げんこつを作ってコラって言われたけど、実際にたたかれたことは一度もなかった。兄と妹の3人きょうだいの真ん中ということもあるのか、オレはいい意味で放っておかれて、何でも自由にできた」

 大工で手先が器用だった守人さんは釣りが好きで、イカ釣り用の疑似餌も手作りしていた。木を削ってやすりをかけ、魚の形にして、と手間と時間がかかる作業だ。守人さんの疑似餌はよく釣れると評判になり、釣り具店から注文を受けるほどだった。手先が器用なのは力さんも同じで、中学時代に夏休みの自由工作の作品が九州地区で銀賞を取った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ