PR

ライフ ライフ

豚コレラ1600頭処分へ 岐阜で7例目、陸自派遣

飼育する豚から豚コレラの陽性反応が出た養豚場の施設=29日午前10時21分、岐阜県各務原市
飼育する豚から豚コレラの陽性反応が出た養豚場の施設=29日午前10時21分、岐阜県各務原市

 岐阜県は29日、同県各務原市の養豚場で豚コレラが発生したと発表した。県内の飼育施設での感染確認は7例目。県は、陸上自衛隊第10師団(名古屋市)に災害派遣を要請し、約1600頭の殺処分を始めた。

 他にこの養豚場から岐阜市の卸売市場へ出荷していた約150頭も処分する方針。また今月、同県本巣市の別の養豚場に売られた約700頭の子豚についても処分を検討している。

 県によると、28日午前8時ごろ、複数の豚が発熱していると農場主から連絡があった。同日、立ち入り検査で子豚1頭が死んでいるのが見つかり、県の遺伝子検査で29日に陽性反応が出た。

 豚コレラは岐阜市の養豚場で昨年9月、国内で平成4年以来となる感染が判明して以降、相次いで発生しており、愛知、岐阜両県で野生イノシシの感染も広がっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ