PR

ライフ ライフ

五輪テロ訓練、積雪で中止 宮城、今後は未定

Messenger

 国や宮城県などは29日、積雪などの影響で、同県利府町のひとめぼれスタジアムなどで実施予定だった国民保護法に基づくテロ対策訓練を中止した。スタジアムは2020年東京五輪のサッカー会場の一つに決まっていた。今後の訓練については未定だという。

 仙台管区気象台によると、午前7時現在、スタジアムに近い仙台市で3センチの積雪を観測した。県の担当者は「積雪に加え、暴風警報も出ていて、屋外での訓練であることを考えると、安全の確保が難しい」とした。

 訓練はスタジアムの観客席で爆発が起き、多数の負傷者が出た後、JR仙台駅付近に駐車中の車からも爆発物が発見される想定で、県警や消防、自衛隊、医療機関などから計約700人が参加予定だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ