PR

ライフ ライフ

【移住のミカタ】群馬県みなかみ町 生活スタイルに合った提案も

Messenger
利根川をひとまたぎ
利根川をひとまたぎ

 近年、ネット上で「世界の秘境グンマー帝国」と揶揄(やゆ)される群馬県ですが、私が住むみなかみ町藤原地区は、まさにリアルグンマー帝国といっていいところです。みなかみ町の面積の約半分に当たる390平方キロにわずか400人、小中学校は、全校生徒15人。全国でも有数の豪雪地帯で、2メートル近い雪に閉ざされます。近隣の住民は、口をそろえて「あんなところは人間の住む所じゃない!」と言います。しかし、利根川の水源地として、首都圏3000万人の命を支え、世界的に有名な大露天風呂のある宝川温泉やスキー場など魅力的な地域資源の宝庫です。私自身は、名古屋出身で、家族でみなかみ町に移住して、10年ほどになります。現在、移住支援サイトを立ち上げ、地域の魅力を発信しています。毎年、1、2家族が移住してくれるようになりました。移住スタイルも、藤原地区のような超ディープな田舎暮らしから、首都圏との2拠点居住など、ライフスタイルに合った移住をご提案させていただきます。

(NPO法人奥利根水源地域ネットワーク代表理事 北山郁人)

 ◇

 メモ 東京駅から上越新幹線で1時間、関越自動車道で2時間半。問い合わせは090・4062・4040(北山)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ