PR

ライフ ライフ

家康の英国人外交顧問、三浦按針ゆかりの地を行脚 大河ドラマ化訴え

Messenger
佐野市民らに見送られ、全国行脚をスタートする田口義明さん=23日、佐野市上羽田町の龍江院前
佐野市民らに見送られ、全国行脚をスタートする田口義明さん=23日、佐野市上羽田町の龍江院前

 江戸時代、徳川家康の外交顧問だった三浦按針(あんじん)(ウィリアム・アダムス、1564~1620年)のNHK大河ドラマ化を訴え、神奈川県横須賀市の会社役員、田口義明さん(71)が23日、按針ゆかりの地を訪ねる全国行脚をスタートした。栃木県佐野市上羽田町の龍江院(りゅうこういん)を出発し、長崎県平戸市までの約1500キロを4カ月で歩く。行く先々で大河ドラマ化を求める署名活動を行う。

 横須賀市の実家の裏山に按針とされる墓がある田口さんは、約30年前から按針の顕彰活動などを展開している。「徒歩でゆかりの地を訪ねよう」と全国行脚を思い立ち、平成19、23、26年に踏破している。

 約120日間に及ぶため、日頃から週2回、15キロ程度のウオーキングで汗を流し、足を鍛えている。全国を訪ね歩き、「人との出会い、触れ合い、自然の素晴らしさを実感できることが何よりの魅力」という。

 4度目となる今回も田口さんの誕生日に出発し、按針慰霊祭がある5月26日、平戸市に到着予定。途中、按針の建造船にゆかりのある千葉県御宿町や洋式帆船を建造した静岡県伊東市、按針を乗せた船が到着した大分県臼杵(うすき)市など各地の市町長に、横須賀市の上地(かみじ)克明市長から預かった連携を呼びかける親書を渡す。

 按針は英国生まれ。慶長5(1600)年、オランダ船リーフデ号で漂着し、後に家康の外交顧問として航海術などを伝えた。リーフデ号の船尾に飾られていた木造エラスムス立像(国重要文化財)が龍江院所蔵の縁で、佐野市の市民団体は横須賀市などの関係自治体と大河ドラマ実現に向けた運動を展開している。

 田口さんは「年齢的に最後の旅となると思う。按針の顕彰と大河ドラマ化を全国で盛り上げたい」と話した。地元の市民団体、小学生らが見送る中、田口さんは初日の宿泊地に向け、一歩を踏み出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ