PR

ライフ ライフ

教員採用試験案データ紛失、1カ月公表せず 埼玉県 

Messenger

 埼玉県教育局は23日、教員採用の担当職員が昨年12月、今年7月実施予定の試験問題案などのデータが入っていたUSBメモリーを紛失していたと発表した。県教育局は昨年12月下旬に紛失を把握したが、公表せず、今月22日に「紛失を隠蔽(いんぺい)している」との匿名の情報が寄せられ、公表に踏み切った。教職員採用課は「個人情報が入っていないため、公表する必要はないと思っていた。判断が甘かった」と釈明している。

 同課によると、昨年12月13~16日に教員採用担当職員が養護教諭の試験問題に関する私案10問と過去の採用試験のデータが入っていたUSBメモリーを紛失したという。職場や自宅などを探したが、現時点でまだ見つかっていない。第三者による不正使用の事実は確認されていないという。

 同課は「私案のため、7月の試験には影響はない」としている。県教育局は問題作成担当者にデータ管理を徹底するよう指示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ