PR

ライフ ライフ

【移住のミカタ】佐賀県有田町 やきものに根付いた暮らし

Messenger
地域おこし協力隊のオフィスで空き家や移住の相談を受け付けている上野さん
地域おこし協力隊のオフィスで空き家や移住の相談を受け付けている上野さん

 海外で長く仕事をしていましたが、帰国するのと同時に佐賀県有田町に移り住みました。出身は北海道ですが、あえて縁もゆかりもない土地で新しいことに挑戦してみたいと思いました。移住候補地のなかで有田を選んだのは、産業としての有田焼があることが大きかったです。やきものを作るわけではありませんが、窯元や職人、商人が育んできた町の文化や歴史から学ぶことはとても大きいです。有田町は、やきものと自然が調和した類まれな町です。古い町並みが残る東はやきもの、棚田が広がる西では、緑豊かな自然を楽しむことができます。

 製磁町として日本で唯一重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、江戸末期から昭和初期までの和洋さまざまな建物が混在していて、今もやきものに根付いた暮らしが営まれており、有田の魅力を増しているような気がします。有田はとても親切で温かい人が多く、移住して新しいことを始める人や頑張る若者を応援してくれる町だと思います。私自身も何度となく町の人たちに助けられたり励まされたりしてきました。(有田町地域おこし協力隊 上野菜穂子)

  ◇

 メモ 長崎、福岡、佐賀空港からそれぞれ車で40分、1時間20分、1時間15分。JR博多駅からは特急で1時間20分。問い合わせは、まちのオフィス春陽堂(0955・25・9230)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ