PR

ライフ ライフ

両陛下、大相撲ご観戦 平成最後の「天覧相撲」

Messenger
大相撲初場所を観戦される天皇、皇后両陛下=20日午後、両国国技館(撮影・福島範和)
大相撲初場所を観戦される天皇、皇后両陛下=20日午後、両国国技館(撮影・福島範和)

 天皇、皇后両陛下は20日、両国国技館(東京都墨田区)を訪れ、大相撲初場所中日の取組を観戦された。両陛下の大相撲観戦は平成29年初場所以来2年ぶりで、ご即位以来23回目。4月の天皇陛下の譲位を前に、天皇、皇后としては最後の機会となった。

 両陛下は、幕内後半の計9番を貴賓席から身を乗り出したり、取組表に目を落としたりしながら見守り、勝敗がつくたびに盛んに拍手を送られた。

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)によると、引退した元横綱稀勢の里について、両陛下は「今後どうするんですか」とお尋ねに。ひざの負傷で途中休場した小結御嶽海について、陛下が「ひざは大事ですからね」と気遣われる場面もあったという。

 国技館を後にする際、陛下は八角理事長に「良い相撲をありがとう」と声をかけられたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ