PR

ライフ ライフ

将棋の藤井七段が朝日杯4強 連覇へあと2勝

Messenger
藤井聡太七段
藤井聡太七段

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は20日、名古屋市で指された第12回朝日杯オープン戦本戦トーナメントの1回戦で稲葉陽八段(30)、準々決勝では元竜王の糸谷哲郎八段(30)を破り、ベスト4に進出、2連覇にあと2勝とした。準決勝で行方尚史八段(45)と対戦する。

 対局は、多くのファンを前に公開で行われた。2局とも強豪を相手に鋭い攻めで快勝を収めた藤井七段は、「自分なりに思い切り指せた。今年も準決勝という舞台で戦えることをうれしく思う」と話した。 稲葉八段と糸谷八段は、名人への挑戦者を決める順位戦で最上位のA級に在籍するトップ棋士。藤井七段は昨年の同棋戦で、佐藤天彦名人(31)や羽生善治九段(48)、広瀬章人竜王(32)らを破り、最年少の15歳6カ月で優勝した。

 朝日杯は持ち時間各40分の早指し棋戦。準決勝と決勝は2月16日、東京都千代田区で行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ