PR

ライフ ライフ

【ビジネスパーソンの必読書】『NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ』『巡礼ビジネス ポップカルチャーが観光資産になる時代』『巨大システム 失敗の本質』

Messenger
『NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ』ジェレミー・ハイマンズ、ヘンリー・ティムズ著、神崎朗子訳(ダイヤモンド社・1800円+税)
『NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ』ジェレミー・ハイマンズ、ヘンリー・ティムズ著、神崎朗子訳(ダイヤモンド社・1800円+税)

 初詣、成人式…「平成最後の」あれやこれやが過ぎていく。5月1日に元号が改まることを考えると、新年を二度迎えるかのような少し落ち着かない感じもする。しかし、ここは気持ちを一新できる機会が2回ある、と考えることにしたい。良き「元年」になりますように。(情報工場「SERENDIP」編集部

 参加型の協働

 『NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ』ジェレミー・ハイマンズ、ヘンリー・ティムズ著、神崎朗子訳(ダイヤモンド社・1800円+税)

 メンバーが対等に協働する参加型の組織が「新しい力=ニューパワー」として台頭している。ウーバーやエアビーアンドビーなどの企業や政治運動にもニューパワーは見られる。その特徴を既存のオールドパワーと対比して分析したのが本書だ。

 革新的なイメージのある企業がニューパワーとはかぎらない。例えばアップルは、本書では典型的なオールドパワーとされる。秘密主義で消費者の参加を求めず、一方的に商品を提供するからだ。

 フェイスブックはニューパワー・モデルだが、オールドパワーの価値観を持つという。同社のプラットフォームは参加型で協働を生むが、運営には関与させない。

 ニューパワーとオールドパワーを巧みに使い分けられる組織は強い。目的によって、両者をどう使うかを考えればいいのかもしれない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ