PR

ライフ ライフ

「美しい打ち上げだった」 イプシロン関係者、喜びの会見

Messenger
小型ロケット「イプシロン」4号機の打ち上げ後、会見したJAXAの山川宏理事長(左)ら=平成31年1月18日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所(草下健夫撮影)
小型ロケット「イプシロン」4号機の打ち上げ後、会見したJAXAの山川宏理事長(左)ら=平成31年1月18日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所(草下健夫撮影)

 「美しい打ち上げだった」「大きな強みになる」。小型ロケット「イプシロン」4号機の打ち上げが成功した18日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の関係者が内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)で会見し、喜びを語った。

 イプシロンを統括する井元隆行プロジェクトマネージャは、雲一つない青空へ飛び立った機体を振り返り「素晴らしい、美しい打ち上げだった。関係者一同が心を一つにし、頑張ってきた成果だ」と話した。

 複数の衛星を運ぶ技術の鍵となったのは、3段目の上に搭載した小型エンジンだ。1、3号機にも搭載したが、初めて多くの燃焼と停止を繰り返し、それぞれの衛星を目的の軌道に投入した。井元氏は「何回でも作動でき、きめ細かく軌道を変えられるので、イプシロンの大きな強みになる」と自信を見せた。

 さらに「多くの衛星を載せられることで、ベンチャー企業や大学などにたくさん使っていただけるロケットになった。この機能を使い今後も発展させたい」と語った。

 政府はイプシロンで打ち上げた衛星を使い、宇宙機器用に開発した部品や装置の性能を確認する実験を行い、産業育成につなげる方針だ。初となる今回は大学や企業などの13の実験テーマが採用された。

 実験を統括する香河(かがわ)英史グループ長は「いろいろな方々の思いを宇宙にお連れできた。宇宙へのツアーコンダクターみたいな気分。アイデアを持った方々が集まったのだから、ぜひ日本の宇宙産業の育成に協力してほしい」と呼びかけた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ