PR

ライフ ライフ

インフルエンザ全国で猛威 警報水準、患者163万人

Messenger
インフルエンザが猛威をふるい、都内でもマスク姿で出かける人の姿が目立つ=東京都中央区銀座(寺河内美奈撮影)
インフルエンザが猛威をふるい、都内でもマスク姿で出かける人の姿が目立つ=東京都中央区銀座(寺河内美奈撮影)

 厚生労働省は18日、13日までの1週間に報告されたインフルエンザ患者は1医療機関当たり38・54人で、警報レベルの30人を超えたと発表した。前週に比べると2倍以上の増加で、全国で推計約163万人の患者が医療機関を受診した。

 インフルエンザは例年、1月末から2月上旬にかけて流行がピークを迎える。厚生労働省は、こまめな手洗いや、せき、くしゃみが出るときはマスクを着けるなど「せきエチケット」の徹底を呼び掛けている。

 都道府県別で1医療機関当たりの患者数が最も多いのは愛知で75・38人。熊本(58・79人)、岐阜(53・94人)、鹿児島(52・34人)、静岡(52・22人)が続いた。32都道府県で30人を超える警報レベルとなった。

 入院は60代以上が全体の64%を占め、10歳未満も23%と多かった。今シーズンのこれまでの患者数は推計で約328万人。休校や学級・学年閉鎖も相次いでおり、1週間で休校は8、学級閉鎖は446に上った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ