PR

ライフ ライフ

埼玉県がインフル警報発令 昨季より1週間早く

Messenger

 埼玉県は16日、インフルエンザの「流行警報」を発令した。1月7~13日の1週間でインフルエンザの報告数が1医療機関当たり平均41・02人(前週比27・37人増)となり、国の定める基準値の30人を超えた。警報発令は昨季より1週間早い。8日に流行注意報を発令したが、「格上げ」した。県保健医療政策課は、手洗いの励行や適度な湿度の保持など感染予防を呼びかけている。

 県は259の医療機関からインフルエンザの患者数などについて毎週報告を受けている。保健所管内別の患者報告数は幸手保健所55・21人が最も多く、鴻巣保健所54・21人、南部保健所(蕨、戸田両市)54人と続いた。

 一方、流行には地域差があるという。県は「まだ流行していない地域でも油断せず、患者が増えている地域は拡大防止を徹底してほしい」と呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ