PR

ライフ ライフ

横浜の成人式「はれのひ問題受け」購入者も

Messenger
多くの新成人が集まった横浜市の「平成31年『成人の日』を祝うつどい」=14日、横浜市港北区(王美慧撮影)
多くの新成人が集まった横浜市の「平成31年『成人の日』を祝うつどい」=14日、横浜市港北区(王美慧撮影)

 市町村単位では最多の約3万7000人が新成人となった横浜市の14日の成人式では、複数人が壇上に登ろうとしてもみ合いになるトラブルが起き、式典が一時中断する騒ぎとなった。昨年はレンタル業者「はれのひ」の営業停止によるトラブルがあり、購入した晴れ着で臨む姿も見られた。

 式典が中断したのは、2回に分けて開催したうちの午前の部。横浜アリーナのステージ上で林文子市長があいさつしていた際、赤や白の羽織はかまを着た男性が突然暴れ出したのをきっかけに、複数が壇上に登ろうとしたり係員につかみかかったりする騒ぎとなり、警察官らが制止。10分ほど中断後、20人前後が外に出された。

 新成人代表の新井航世さん(20)は「将来は国と国をつなぐ懸け橋として生きていきたい」と抱負を語った。はれのひ問題を受け、晴れ着を購入した桑原紗也加さん(20)は「レンタルは怖いと思った。一生に一度なので同じことが起きてほしくない」としていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ