PR

ライフ ライフ

JF全漁連シーフード料理コンクール テーマは「のり」、農水大臣賞など決定

Messenger
「のりのオムレット&鯖でチリコンカン風」(JF全漁連提供)
「のりのオムレット&鯖でチリコンカン風」(JF全漁連提供)

 JF全漁連(全国漁業協同組合連合会)が開催している「第19回シーフード料理コンクール」の実技審査があり、一般の主婦らが対象の「チャレンジ部門」と、調理専門学校などの学生が対象の「プロを目指す学生」の両部門の最優秀賞などが決まった。テーマは「のりと魚海藻類を使った料理」。応募レシピ約3000点の中から各部門8人が選出され、技を競った。

 最優秀賞の農林水産大臣賞に選ばれたのは、チャレンジ部門は愛媛県の主婦、天野みどりさん(63)の「のりのオムレット&鯖でチリコンカン風」、学生部門は三重県立相可(おうか)高校3年、山本純輝(じゅんき)さん(18)の「マスカットカマス焼き 海苔(のり)のバルサミコソース」。

 審査委員長を務めた服部栄養専門学校の服部幸應理事長は「魚食は日本が誇る食文化だけに、砂糖やしょうゆをうまく使っておいしい魚料理を作ってほしい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ