PR

ライフ ライフ

【書評】『維新と敗戦 学びなおし近代日本思想史』先崎彰容著 時代を診断した思想家たち

Messenger

 今日の日本における氏の出現が画期的なのは、一昔前まではフランス現代思想などというものを振り回す者たちが跋扈(ばっこ)していたことを思い出せばよい。近代日本における海外思想の輸入業者の騒がしさの断末魔が、かのポストモダンなるものの、今から振り返れば哀れな実態であった。その混迷の後に歴史に根差した秩序を再建するために、氏は日本思想史の広く深い学識を持って登場したのである。

 この「良医」が、日本思想史の豊かな蓄積を通して時代を見定め、現代の日本が抱える深刻かつ複雑な病に対して、やがて独自の処方箋を出してくれることを期待するのは私だけではあるまい。(晶文社・2000円+税)

 評・新保祐司(文芸批評家、都留文科大学教授)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ