PR

ライフ ライフ

世界に4体、ニホンオオカミの剥製県立自然博物館で展示 31日まで

Messenger
国内に3体しかないニホンオオカミの剥製に見入る来館者=和歌山県海南市
国内に3体しかないニホンオオカミの剥製に見入る来館者=和歌山県海南市

 世界に4体しかない貴重なニホンオオカミの剥製が、和歌山県海南市船尾の県立自然博物館で展示されている。訪れた子供たちは迫力あるニホンオオカミの姿に見入っていた。31日まで。

 ニホンオオカミは、明治38年に奈良県東吉野村で捕獲されたのを最後に目撃された記録がなく、絶滅したとされている。剥製は海外に1体、国内に3体しか現存しておらず、国内では和歌山大学教育学部から寄託され収蔵している同館と国立科学博物館、東京大学農学部で収蔵されている。

 期間限定で展示している剥製は体長1メートル、高さ73センチ。ほかの剥製より大きく、明治37~38年に奈良県南部で捕獲されたとされているが詳細は分かっていない。

 当初は正体の分からないイヌ科の動物の剥製として保管されていたが、昭和56年に頭骨が取り出され、調べた結果、ニホンオオカミと断定された。

 兵庫県宝塚市の江川央晟(おうせい)君(3)は「オオカミ(の剥製)はすごく大きくてかっこよかった」と剥製の迫力に驚いていた。

 一般470円、高校生以下と65歳以上は無料。問い合わせは自然博物館(073・483・1777)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ