PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】闇に葬られた「桜会」の謀略 中堅将校に過激思想がみなぎった

Messenger

 全体主義に拍車をかけたのは、1929年から続く世界恐慌だ。危機を乗り切るため、多くの植民地を持つ英仏など“持てる国”は自国の経済圏から他国を閉め出そうとし、日独伊など“持たざる国”は新たな経済圏を求めるようになる。イタリアはアフリカを、ドイツは中欧を、そして日本が目指したのは満州だった。

 昭和6年9月、昭和天皇は30歳。日本の岐路となる運命の秋を迎える--。(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載 来週からは「満州事変」編を連載します)

(※1)金本位制に復帰するため、金の輸出禁止を解除すること

(※2) 当時の統計は十分ではなく、実際の失業率はさらに悪かったとされる

【参考・引用文献】

○東京12チャンネル報道部編「証言 私の昭和史1」(学芸書林)

○中村隆英著「昭和恐慌と経済政策」(講談社)

○森武麿ほか著「現代日本経済史」(有斐閣)

○原田熊雄述「西園寺公と政局」(岩波書店)2巻

○森克己著「満州事変の裏面史」(国書刊行会)

○伊藤正徳著「軍閥興亡史II」(文芸春秋新社)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ