PR

ライフ ライフ

「奈良公園バスターミナル」4月13日オープン 

Messenger
整備が進むバスターミナル西棟
整備が進むバスターミナル西棟

 奈良県が奈良市の県庁東隣で建設中のバスターミナルが竣工(しゅんこう)し、関係者を招いた内覧会が11日に開かれた。名称は「奈良公園バスターミナル」に決定。内装工事はこれからで、オープンは4月13日を予定している。

 同ターミナルは敷地面積約8650平方メートル。地下1階、地上3階建てで、1階に観光バスの乗降場所(完全予約制)を16カ所設置する。奈良公園周辺では観光シーズンの渋滞が深刻化しているため、同ターミナル設置に伴い、現在観光バスの予約制駐車場となっている県営大仏殿前駐車場は身障者専用などに変更。同ターミナルでの乗降に切り替え、県庁以西の駐車場利用を促すことで、公園内への観光バスの流入を抑え、渋滞を緩和したい考えだ。

 また、同ターミナルは市内の周遊環境の向上を目的とした複合施設でもあり、建物(東棟・西棟)内には奈良の歴史や文化を紹介する展示スペースやレクチャーホール、飲食店などが出店。若草山を一望できる屋上の眺めも売りだ。

 内覧会で荒井正吾知事は、「奈良公園のアメニティ向上に役立つよう工夫していく」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ