PR

ライフ ライフ

【ときを紡ぐ絵本 親子とともに】『ねむりむし じらぁ』 怠け者に見えた息子 寝ながら考えていたことは… 希望の昔話

Messenger
『ねむりむし じらぁ』(提供画像)
『ねむりむし じらぁ』(提供画像)

 昭和45年に福音館書店から刊行された『ねむりむし じらぁ』(川平朝申(かびらちょうしん)再話、儀間比呂志(ぎまひろし)版画)は、木版画の力強い線と鮮やかな色彩に引き込まれる沖縄の昔話です。

 両親は年を取り、その日の暮らしに困るほど貧乏なのに、息子のじらぁは働きもせず寝てばかりで、みんなから「ねむりむし じらぁ」と呼ばれていました。

 ある日、じらぁは突然シラサギが欲しいと母親にねだり、買ってもらいます。夜、シラサギを懐に入れ、隣の金持ちの家の大きなガジュマルの木に登ったじらぁは、神のお告げだと言って、自分を婿に選び、両親も引き取るよう声を張りあげ、シラサギを星空に放ちます。金持ち夫婦は、そのお告げを信じ、娘とじらぁを結婚させ、じらぁの両親も引き取ります。結婚式がすむと、じらぁは人が変わったように働きだし、家は栄え、両親もじらぁも幸せに暮らしました。

 怠け者だった若者が、何かをきっかけに変化し、幸せを得るお話は、日本のみならず、世界各地の昔話の中にあります。口承文芸学者の小澤俊夫さんは、著書『昔話が語る子どもの姿』(古今社)の中で、昔話にはさまざまな人生が語られ、主人公が子供や若者である場合は、その主人公が成長し、変化する姿を短いストーリーにしてみせてくれると述べています。

 また、お話の部分部分に道徳的基準をあてると、昔話からは何のメッセージも聞けなくなる。昔話はゴールが大事なのだとも指摘しています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ