PR

ライフ ライフ

ポケットでスマホ充電 切り貼りできるシート状、東大が開発

Messenger
通常のはさみで切ることができるシート状のワイヤレス充電器(川原圭博・東京大准教授提供)
通常のはさみで切ることができるシート状のワイヤレス充電器(川原圭博・東京大准教授提供)

 好きな形に切り取って使えるシート状の電子端末充電器の開発に成功したと、東京大の川原圭博准教授らの研究チームが発表した。服の形に合わせて切ったシートを服に組み込み、スマートフォンをポケットにしまうだけで充電ができるといった活用が期待される。切り取れる充電シートの開発は世界初という。

 電源から専用ケーブルなどを使わずに電力を無線で伝送・供給できる「ワイヤレス充電」が最近、広がりつつある。スマホなどの電子機器を専用の台座に置くだけで充電できる手軽さが人気だ。

 ただ、従来のワイヤレス充電器は、台座に内蔵されている送電コイルに、電子機器側の受電コイルがきちんと重なるように置かないと充電されない。

 研究チームが開発した充電シートは厚さ0・1ミリと薄く、表面に数ミリ程度の素子が載っている。送電コイルを高密度に載せることで、シート上のどこに電子機器を置いても充電できるようにした。

 シートは通常のはさみで好きな形に切ることができる。手持ちの衣服やかばん、家具などの形に合わせて切って貼り付けるだけで、使い勝手の良いワイヤレス充電器を手軽に作ることができる。携帯用バッテリーなどの電源を接続して使う。

 シートを切断しても送電機能ができるだけ失われないように配線を工夫した。電源を接続するコネクター部分を中央に置いているため、外側はかなり自由な形に切り取れる。

 送電コイルを高密度に配置すると、コイル同士の磁気的な干渉が強くなり、給電効率が低下する問題がある。これを防ぐため、隣り合わないコイルで交互に給電する方式とし、干渉を回避できるようにした。

 今後は実用化に向けて、シートの配線や素子を印刷で作製する技術を研究し、生産コストを低減し量産化につなげたいとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ