PR

ライフ ライフ

「群馬県民納得の完成度」 ポテチ「焼きまんじゅう」味が21日発売

Messenger
カルビー役員からぐんまちゃんにポテトチップス焼きまんじゅう味が贈呈された=10日、群馬県庁(住谷早紀撮影)
カルビー役員からぐんまちゃんにポテトチップス焼きまんじゅう味が贈呈された=10日、群馬県庁(住谷早紀撮影)

 大手菓子メーカーのカルビーは21日、群馬県のソウルフード「焼きまんじゅう」の味を再現したポテトチップスを数量・期間限定で、関東を中心に8都県で発売する。販売は3月上旬まで予定しているが、無くなり次第終了する。

 全国47都道府県の「地元ならではの味」を開発するカルビーの「?JPN(ラブジャパン)プロジェクト」の一環。

 これまで「群馬の味」では、「すき焼き味」が好評を得て、約45万袋を販売。新商品のアイデアをインターネットで募集したところ、「下仁田ねぎ」や「ねぎ味噌」も味の候補に挙がったが、焼きまんじゅうの人気が圧倒的だった。

 カルビーの担当者によると、焼きたてのまんじゅうの香りを再現するのに苦労したが、粉末の酒かすを使って解決したという。

 パッケージにもこだわり、背景には焼きまんじゅうの店をイメージしたのれんの柄を採用。焼きまんじゅうを持った群馬県のマスコットキャラクター、ぐんまちゃんのイラストも添えた。

 10日には群馬県庁で贈呈式が行われ、カルビーの役員がぐんまちゃんに商品を手渡した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ