PR

ライフ ライフ

長野県伝統工芸品展 信州の匠の技を見よう 16日から松本で

Messenger

 「信州の匠がみせる、磨き抜かれた伝統の技」をテーマにした第34回県伝統工芸品展が16日から、長野県松本市の井上百貨店で開かれる。22日まで。

 期間中の19、20両日には、家具や漆器、ろくろ細工などの伝統工芸づくりに携わる職人が、実際に工芸品を製作する様子を目の当たりにできる企画が催される。打刃物(うちはもの)の職人が、持ち込まれた包丁を研ぐサービスも行われる(先着順)。1日25本までで1本につき500円の手数料がかかる。

 その他、手機(てばた)織りによるコースターや竹細工などの製作実演が毎日、行われる。16日には、中野土雛の職人も実演を披露する。

 問い合わせは県中小企業団体中央会(026・228・1171)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ