PR

ライフ ライフ

【話してみよう Japaneseライフ】いのしし boar

Messenger

 平成31年が明けた。明治以降、天皇の御代(みよ)ごとに元号を定める一世一元制が確立し、今年はその元号を改める特別な年だ。

 日本流の年の表し方は、元号のほかに干支(えと)(Chinese Zodiac)がある。今年の干支はイノシシ(boar)。英語ニュースサイト「ジャパン・フォワード」では「干支だるまって知ってる? 黄金色のイノシシだるまが製作ピーク」との見出しで絵付け風景を報じている。キョロリとした愛らしい目玉を描く職人の筆運びが印象的だ。

 年賀状などの絵柄に使われる干支だが、昔は時刻や暦などにも用いられた。午前0時ごろは「子(ね)の刻」、正午ごろは「午(うま)の刻」。午の刻の後の時間帯を午後(afternoon)と呼ぶ由縁はここにある。

 ところで、十二支の順番はどんな意味があるのだろう? 本当のところは全く分からないのだが、子供向けにはこんな昔話がある。「元旦に1から12番目までに来たものを1年交代で動物の大将とする」。神様は全国の動物にそう伝え、動物たちは1着を目指して出発した。新年の朝、牛が最初に着いた。ところが牛の背中(on an ox’s back)に乗ってきたネズミ(rat)が飛び降り、牛より先に神様に新年のあいさつをした。

 その後に、トラtiger▽ウサギrabbit/hare▽タツdragon▽ヘビsnake▽ウマhorse▽ヒツジsheep▽サルmonkey▽トリrooster/cock▽イヌdog▽イノシシ-と続く。ウシはcow(乳牛)ではなくox(雄牛)。イノシシは日本はboarだが、中国はpigだ。

 日本流の表現を大切に、今年も英語で日本紹介を楽しみたい。

       See you!(「JAPAN Forward」編集部)

 「産経オンライン英会話」はライフスタイルに合わせて朝5時から深夜25時までいつでも英会話レッスン。無料の体験レッスンは日本人講師も選べるので初心者も安心!https://learning.sankei.co.jp/

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ