PR

ライフ ライフ

電線渡るサルの群れ話題 青森、再生数70万回超

Messenger
ツイッターで公開された青森県むつ市で電線を渡るサルの群れの映像=7日(投稿者提供)
ツイッターで公開された青森県むつ市で電線を渡るサルの群れの映像=7日(投稿者提供)

 青森県むつ市で、サルの群れが雪原の上に張られた電線を器用に渡る動画が撮影され、話題になっている。ツイッターで公開されると「かわいい」「何回見ても飽きない」などとコメントが殺到し、再生数が70万回を突破した。

 映像は7日、投稿者の母親が同市の自宅から撮影。20匹ほどのサルが上下2本の電線を両手足でつかむなどし、列をなして渡っている。動画では撮影した母親が「見て見て、ありえねぇで」と興奮している様子もうかがえる。投稿者は「動画の反響は、ただただびっくりです」とコメント。

 約120匹のニホンザルが暮らす「嵐山モンキーパークいわたやま」(京都市西京区)の玉田真也副園長は「雪が深い場所は歩くのに相当な労力がかかる。電線を渡った方が効率的と判断したのではないか」と推測している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ