PR

ライフ ライフ

インフル流行 注意報レベルに

Messenger
インフルエンザの患者数の推移
インフルエンザの患者数の推移

 厚生労働省は9日、全国約5千カ所の医療機関から昨年12月24~30日に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり11.17人となり、注意報レベルとされる10人を超えたと発表した。年末年始の人の移動や学校再開などで、患者はさらに拡大している恐れもある。

 国立感染症研究所によると、昨年12月24~30日に全国の医療機関を受診した患者は約44万6千人と推計され、前週(約31万3千人)より約13万3千人増加した。都道府県別で1機関当たりの患者数が多かったのは、北海道(32.07人)▽愛知(30.45人)▽岐阜(20.33人)▽熊本(14.53人)▽三重(13.68人)▽福岡(13.59人)-の順。43都道府県で前週よりも増えた。

 直近5週間の検査では平成21年に新型として流行したA型の患者が最も多く、A香港型、B型が続いた。

 厚労省は、せきやくしゃみが出る人はマスクをして感染拡大を防ぐよう、注意を呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ