PR

ライフ ライフ

【将棋】藤井聡太七段、新年初対局で白星 順位戦デビュー後18連勝で1位タイ

Messenger
順位戦でデビューから18連勝を挙げ、歴代1位の記録に並んだ藤井聡太七段=8日午後、大阪市福島区の関西将棋会館
順位戦でデビューから18連勝を挙げ、歴代1位の記録に並んだ藤井聡太七段=8日午後、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は8日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された順位戦C級1組で後手の富岡英作八段(54)に91手で勝って8勝0敗とし、新年最初の対局を白星で飾った。前期から参加の順位戦はデビュー以来、無敗の18連勝で、1位の中原誠十六世名人(71)の記録に並んだ。

 終局後、藤井七段は「順位戦は持ち時間が長く、じっくり考えられていることがここまでの結果につながっていると思う。残りあと2局、しっかり気を引き締めて臨みたい」と話した。

 また、囲碁界で大阪市の小学4年生、仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が4月に10歳0カ月の史上最年少でプロ入りが決まったことについて「自分が(プロ棋士養成機関の)奨励会に入ったのが10歳だった。10歳でプロになるのは信じられないくらいすごい。これから楽しみ」とエールを送った。

 順位戦は名人戦の予選にあたり、最上位のA級からC級2組まで5クラスある。藤井七段は前期、C級2組で10戦全勝し、C級1組に昇級した。今期のC級1組には39人が参加。1人が10局指し、上位2人がB級2組に昇級する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ