PR

ライフ ライフ

探査機はやぶさ2、2月に物質採取で着地へ

Messenger

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の物質を採取するための最初の着地を2月に行うと発表した。同月18~24日のいずれかの日に行う。

 当初は昨年10月に予定したが、岩石が非常に多く、平らな場所が狭いことが到着後の探査で判明。物質を採取するには狙った場所に想定以上の正確さで着地する必要があり、技術的に難しいと判断し、延期していた。

 また、リュウグウのクレーターや岩石など13カ所の地形に「ウラシマ」「オトヒメ」などと命名し、国際天文学連合の作業部会で認められたことを明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ