PR

ライフ ライフ

愛知の飲食店で18人食中毒 ノロウイルス検出

Messenger

 愛知県は5日、同県春日井市の飲食店「オットバンビーノ」で昨年12月30日に食事した客114人のうち35~55歳の男女18人が下痢や嘔吐などの症状を訴え、うち6人の便からノロウイルスが検出されたと発表した。入院患者はおらず、全員が快方に向かっている。

 県によると、18人は12月31日から症状が出始め、1月4日に春日井保健所に連絡があった。発症しなかったが、調理担当の男性従業員(49)の便からもウイルスが検出された。

 県は4日、対策が取られるまで同店を営業禁止とした。同店は12月31日から1月3日まで休みだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ