PR

ライフ ライフ

陛下「国の発展と国民の幸せを祈ります」 皇居で新年祝賀の儀

Messenger
「新年祝賀の儀」で皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻からあいさつを受けられる天皇、皇后両陛下=1日午前10時2分、皇居・宮殿「松の間」(代表撮影)
「新年祝賀の儀」で皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻からあいさつを受けられる天皇、皇后両陛下=1日午前10時2分、皇居・宮殿「松の間」(代表撮影)

 天皇、皇后両陛下が皇族方や三権の長から新年のお祝いを受けられる「新年祝賀の儀」が1日、皇居・宮殿で開かれた。

 宮殿「松の間」では、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女、眞子さまら皇族方がごあいさつ。皇太子さまが天皇陛下に「新年につき恭悦(きょうえつ)申し上げます」と述べると、陛下は「新年おめでとう」と応じられた。その後、両陛下が、皇族方とともに宮殿の各部屋を回り、安倍晋三首相や閣僚、衆参両院議長、最高裁長官らから祝賀を受けられた。

 衆参両院議長のあいさつに対し、陛下は「衆議院議長、参議院議長をはじめ、一同の祝意に対し、深く感謝いたします。新しい年をともに祝うことを誠に喜ばしく思います。年頭にあたり、国の発展と国民の幸せを祈ります」と述べられた。皇太子妃雅子さまは平成15年以来、16年ぶりに三権の長らの新年祝賀の儀に出席された。

 午後には各国の駐日大使らも宮殿を訪れ、新年のあいさつをする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ