PR

ライフ ライフ

4月1日に新元号公表 安倍首相、年頭会見で発表

Messenger
臨時国会が閉会し、会見で記者団の質問に答える安倍晋三首相=12月10日午後、首相官邸(春名中撮影)
臨時国会が閉会し、会見で記者団の質問に答える安倍晋三首相=12月10日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は、天皇陛下の譲位と皇太子さまの新天皇即位に伴う新元号について、4月1日に閣議決定し、同日中に公表する方針を固めた。1月4日に伊勢神宮(三重県伊勢市)参拝後の年頭記者会見で正式発表する。首相は当初、4月11日の新元号公表を検討していたが、5月1日の改元に伴うコンピューターソフトのシステム改修が間に合わないため断念した。

 複数の政府関係者が明らかにした。今回の改元は明治以降初めて譲位に伴い行われるため、首相は皇室の伝統を尊重しつつ国民への影響を最小限にすることを重視するよう指示。杉田和博官房副長官らと断続的に協議を続け、昨年12月末に最終決断した。

 首相は当初、4月10日に財界などが天皇陛下ご在位30年の「お祝いと感謝の集い」を開くことから、翌11日に新元号を公表する方向で検討を進めてきた。

 ところが、米マイクロソフト社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の更新が間に合わず、企業の決算作業が混乱しかねないことが判明した。加えて年金や失業手当の給付に支障をきたす恐れもあるため、4月1日に前倒しして公表することにした。

 新元号に関しては、昭和~平成の代替わりの例を踏襲する。政府は4月1日、有識者による「元号に関する懇談会」、衆参両院正副議長の意見聴取、全閣僚会議を順次行い、新元号を閣議決定する運びとなる。閣議後に官房長官が速やかに記者会見で発表する。

 同日中に天皇陛下が新元号が記された政令に署名、一両日中に官報への掲載をもって公布する。元号を切り替える政令の施行日は5月1日とする。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ