PR

ライフ ライフ

羽生善治前竜王、肩書は「九段」

Messenger
第31期竜王戦七番勝負最終第7局2日目、タイトル防衛成らず、27年ぶりの無冠となった羽生善治前竜王=21日、山口県下関市(恵守乾撮影)
第31期竜王戦七番勝負最終第7局2日目、タイトル防衛成らず、27年ぶりの無冠となった羽生善治前竜王=21日、山口県下関市(恵守乾撮影)

 将棋の竜王のタイトルを失い、27年ぶりの無冠となった羽生善治前竜王(48)の肩書について、日本将棋連盟は25日、「九段」とすると発表した。本人が九段を希望したという。

 タイトルを失冠すると、通常は段位を使う。しかし、八大タイトルの中で竜王と名人だけは失冠後、次期タイトル戦終了まで「前竜王」や「前名人」の肩書を使うことができる。

 羽生九段が段位の肩書を使うのは平成元年の初タイトルとなる竜王獲得前の「六段」以来。その竜王失冠後は「前竜王」と名乗った。

 羽生九段は初タイトルの竜王失冠の2年11月から約4カ月間は無冠だったが、平成の大半でタイトルを保持。しかし、第31期竜王戦で防衛と前人未到のタイトル獲得通算100期に失敗し、平成3年以来、保持するタイトルが無くなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ