PR

ライフ ライフ

奈良・春日大社 福娘に巫女装束手渡し

Messenger
巫女装束を着る福娘たち=奈良市の春日大社
巫女装束を着る福娘たち=奈良市の春日大社

 来年1月10日に春日大社(奈良市)の境内にある佐良気(さらけ)神社で行われる「十日えびす」で、参拝者に吉兆笹や縁起物を授ける福娘に本番用の巫女(みこ)装束を手渡す「装束賜(たばり)式」が23日、春日大社であり、福娘9人が実際に装束を着て参拝者への応対などを練習した。

 今回の福娘は、大阪市で勤務するサントリーグループの20代の女性社員9人。この日は、それぞれに福娘の衣装となる「金烏帽子(きんえぼし)」や「千早(ちはや)」が同大社の藤岡信宏禰宜(ねぎ)から手渡され、「初詣に来る人たちに神様の力が届くように気持ちを込めて、笑顔でご奉仕をお願いします」などと激励を受けた。

 女性たちは手渡された衣装に着替えた後、佐良気神社に参拝。「明けましておめでとうございます」「福さずけます」などとかけ声を練習したり、鈴の鳴らし方を確認したりしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ