PR

ライフ ライフ

【長野・須坂市動物園】ニホンキジの「ノリ」 触られてたまるか! ダッシュ一番

Messenger
ニホンキジのノリ
ニホンキジのノリ

 大きなバードケージ「とりっこ村」には、クジャクやオシドリ、キンケイなど、さまざまな鳥が生活しています。その中にたった1種類1羽しかいないのが、ニホンキジの「ノリ」(オス)。

 ノリが他の鳥と仲よくしている姿は見たことがありません。どことこなく近寄りがたい雰囲気をかもし出しながら、好きな所を散歩したり、お気に入りの場所でじっとしていたり、高い所から下の様子をじっと見ていたり、まるで一匹おおかみのように日々過ごしています。他の鳥もその雰囲気を感じとっているのか、あまり近づこうとはしません。

 自由奔放なノリですが、とても逃げ足が速いんです。ニホンキジは本来、飛ぶよりも走ることを得意とし、一秒に約9メートルの距離を走るといわれています。

 ノリもそれくらい足は速く、飼育員が体調チェックなどで体を触ろうと近寄ると、「触られてたまるか!」と言わんばかりに、軽快なステップと追いつけない速さで逃げていきます。とりっこ村で一番の強者です。(とりっこ村担当 土屋実穂)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ