PR

ライフ ライフ

羽生氏、100期か無冠か 竜王戦第7局2日目始まる

Messenger
第31期竜王戦7番勝負第7局の2日目に臨む羽生善治竜王(右)と広瀬章人八段=21日午前、山口県下関市
第31期竜王戦7番勝負第7局の2日目に臨む羽生善治竜王(右)と広瀬章人八段=21日午前、山口県下関市

 将棋の羽生善治(はぶ・よしはる)竜王(48)に広瀬章人(あきひと)八段(31)が挑戦している第31期竜王戦七番勝負の最終第7局が21日、山口県下関市で再開された。羽生竜王3勝、広瀬八段3勝で迎えた第7局2日目で、この日に決着する。タイトル獲得通算99期の羽生竜王がこの日勝利すれば、通算100期の大記録の達成となるが、敗れれば27年ぶりの無冠となる。

 竜王戦は2日制。2日目のこの日、第一人者の重要な局面とあって、朝から約60人の報道関係者が駆けつけた。

 午前9時の対局開始前に、対局室に広瀬八段、羽生竜王の順で入室。記録係が1日目の70手までの棋譜を読み上げ、両対局者が盤面で再現。先手の広瀬八段が2日目に指す71手目を「封じ手」としてあらかじめ書き記しており、立会人の藤井猛九段(48)が開封して読み上げ、2日目の対局が開始された。

 羽生竜王は平成元年に当時史上最年少の19歳で初タイトル竜王を獲得。翌年11月に失冠するが、約4カ月後の3年3月に棋王を獲得して以来、現在までタイトルを保持している。

 8年には史上初の全七大タイトル独占を達成。24年には、大山康晴十五世名人の記録(80期)を抜き、歴代単独1位となる通算81期となり、以後は自身の記録を更新し続けている。

 昨年は七大タイトルの全てで永世称号を獲得し、前人未到の「永世七冠」も達成。今年2月には将棋界初の国民栄誉賞を受賞している。

 持ち時間各8時間で2日制。夜には終局する見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ