PR

ライフ ライフ

「お菓子のまち」PR 和歌山・海南

Messenger
条例成立を喜ぶ地元の菓子店などの関係者=和歌山県海南市
条例成立を喜ぶ地元の菓子店などの関係者=和歌山県海南市

 和歌山県海南市議会は20日、市を“お菓子のまち”として発信するための条例案を全会一致で可決、成立した。地元の菓子店などが考えたアイデアで、菓子について定めた条例は全国的にも珍しいという。

 市は、ミカンの原種で、お菓子の起源ともされる橘(たちばな)が初めて植えられた地とされている。市がお菓子の聖地であることをPRし、地域振興に生かそうと、地元の菓子店など関係者28人が条例制定を請願していた。

 これまで市では、地域活性化を目指す経済界などの「鱧(はも)の街・菓子の街海南プロジェクト実行委員会」が菓子のキャラクター「海ニャン」を作製し、菓子の屋台が並ぶイベント「お菓子まつり」を始めるなど、菓子のまちをPRするさまざまな取り組みを進めてきた。

 条例は「海南市お菓子の振興に関する条例」。「本市がお菓子の発祥の地であることにかんがみ、この歴史的・文化的資源を広く市内外に発信する」「お菓子に関する伝統文化の理解を深め、郷土愛の醸成を図る」などとしている。

 今後、委員会に所属する地元の菓子店などが、幼稚園や小学校などに菓子についての出前授業などを実施するほか、市や県とも協力し、菓子を使った地域振興策に取り組むとしている。

 委員会のお菓子グループの野田智也代表は「条例をきっかけにお菓子のまちに関心を持ってもらえれば」。神出政巳市長は「具体的なことはまだ決まっていないが、できるだけ地元のお菓子を使っていきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ