PR

ライフ ライフ

「うがいするアシカ」が風邪予防を呼びかけ

Messenger

 風邪やインフルエンザの本格的な流行期を前に、南海電鉄が運営する「みさき公園」(大阪府岬町)で飼育されているアシカ「チチ」が「うがい推進委員長」に任命され、「風邪予防キャンペーン」を来年2月26日まで展開している。チチは“うがいをするアシカ”として知られ、うがいや手洗いを推奨するキャンペーンキャラクターとして来園者らにPRしている。

 チチは飼育年数22年の雄のカリフォルニアアシカ。アシカ舎内に設置された滝から流れる水で豪快に口をゆすぎ、吐き出す癖がある。同園では「そうしたしぐさをする理由は不明」としながらも、その姿がうがいをしているようだと話題になったため、「うがい推進委員長」に起用した。

 アシカ舎前で行われた任命式では、飼育スタッフが任命状を読み上げ、トレーナーも「がんばるぞ~、エイエイオー!」と掛け声をあげた。その後、チチはプールでうがいを披露し、来園者らを楽しませた。

 同園は、チチが登場するポスターを園内に掲示して、来園者らにうがいや手洗いを推奨するなど風邪予防を広く呼びかける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ