PR

ライフ ライフ

プログラミング、玩具で入門 小学校での必修化で市場拡大

Messenger
「ICON」が開発した「KUMIITA」。乳幼児がなめても安全な素材を使うなど厳しい基準をクリアしており、米国やドイツ、フランスなど海外からの注文や問い合わせも多く寄せられているという(玉嵜栄次撮影)
「ICON」が開発した「KUMIITA」。乳幼児がなめても安全な素材を使うなど厳しい基準をクリアしており、米国やドイツ、フランスなど海外からの注文や問い合わせも多く寄せられているという(玉嵜栄次撮影)

 平成32年度から小学校で必修化される「プログラミング」。コンピューターにさまざまな仕事をさせるための指示を出す技術で、子供の論理的な思考力を養うためには欠かせない。難しそうな印象を抱かれがちだが、遊びながら学べる玩具が増えており、クリスマスの贈り物にもぴったりだ。

「玩具なら興味持つ」

 11月下旬、東京都品川区のビルのワンフロアでプログラミング教室が開かれた。玩具大手、セガトイズの主催で、孫を連れたシニアら11組が参加し、タブレット型の玩具を使ってプログラミングを楽しんだ。

 教室で使われたのは、同社が11月に発売した「マジカル・ミー・パッド」(希望小売価格2万1600円・税込み)。搭載された迷路遊びなどのミニゲームを通じてプログラミングを学ぶことができる。インターネットに接続せずに使えるため安全性も高い。

 孫4人と参加した公務員、二河清さん(64)=横浜市=は「プログラミングには難しい印象を持っていた。しかし、ゲームを通して体験すると、子供も興味を持って取り組んでいる気がする」と話した。

ロボットで考える

 文部科学省の定義では、プログラミング的思考とは「自分が意図する活動を実現するため、どのような動きの組み合わせが必要かを論理的に考えていく力」。

 では、どのような場面で役立つのか。教育ジャーナリストの相川いずみさんが解説する。「問題が起きたときに、論理的に物事を整理して考えることで、解決につなげられる」

 ロボットを使った玩具で考えるとイメージしやすい。横浜市でセキュリティーソフト開発を手掛ける「ICON(アイコン)」は10月、プログラミング学習玩具「KUMIITA(クミータ)」(希望小売価格5万5000円・税込み)を発売。

 対象年齢は生後7カ月からで、矢印や動物、楽器などが描かれたパネルを自由に組み合わせ、その上をロボットに正しく走らせることでプログラミングの基礎を学ぶことができる。

 例えば、矢印の方向を間違えるなどパネルの組み合わせ方を誤るとロボットがパネル上から脱線してしまう。「パネルの並べ方を考えること」は「プログラム設計」に当たるわけだ。なぜ脱線したのかを学ぶことで、失敗の原因も分かる。

 プログラミング教育で習得が目指されるのは、こうした論理的な思考の枠組みだ。土屋敏子社長は「入り口がとても大切になってくる。遊びを通すことで、苦手意識を持たずに学習につなげられる」と強調する。

市場規模は急拡大

 対象年齢が上がると、実際にスマートフォン端末などを活用してコードを入力することでロボットを動かす玩具が登場している。

 タカラトミーが販売する「COZMO(コズモ)」(希望小売価格2万9138円・税込み)は人工知能(AI)が搭載された本格派。スマートフォンのアプリを使って起動し、端末の画面上で絵で表された「前に進む」「ブロックを動かす」などの命令コードを組み合わせることで、指示通りにロボットを動かすことができる。

 別のメーカーからは、二足歩行のロボットや小型無人機ドローンを操作する玩具も登場している。

 GMOメディアと船井総合研究所の調査によると、30年の子供向けのプログラミング教育市場は25年に比べて13倍の約90億円に急拡大。35年には、34倍の約226億円に成長が見込まれている。プログラミング学習を目的にした玩具もさらに増えていきそうだ。

 玩具業界の専門誌「月刊トイジャーナル」の藤井大祐副編集長は「親もプログラミングをどう教えればいいのか分からない場合が多い。玩具なら子供の興味を引きやすく、楽しみながら学習につなげられるので、親も手に取りやすいのだろう」と分析している。(文化部 玉嵜栄次)

 教員の知識不足も課題

 プログラミング教育を行っていない小学校の約6割で教員の知識不足がさまたげとなっていることが、日本マイクロソフトなどIT関連企業の業界団体「ウィンドウズデジタルライフスタイルコンソーシアム(WDLC)」の調査で分かった。

 調査は11月に実施。小学校104校にプログラミング教育の実施状況を確認したところ、52・9%ですで行われていた。一方、未実施校で障害となっている理由として、63・3%が「教員にプログラミング知識が不足している」と回答。「授業の枠を確保できない」(49%)との理由も多かった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ